更年期障害に注意しよう|若い世代でもなることがある

先生

ストレスが原因

ホテリやイライラを解消するなら更年期障害の対策が重要です。症状別に最適な対策があるので、更年期の書状がある人は試してみましょう。

若い世代も注意

男女

20代から30代で更年期障害のような症状を発症した場合には、若年性更年期障害といいます。原因としては、過度のストレスやダイット、不規則な生活などが挙げられます。それらの原因により、ホルモンバランスが崩れてしまい、更年期障害のような症状があらわれてしまいます。自覚症状としては、月経不順や月経痛がある、頭痛や胃痛を感じる、肩こりや腰痛が改善しない、のぼせやめまいがある、不眠、イライラ感、集中力の欠如、不安感を感じるなどがあります。病院を受診する場合には、婦人科や更年期専門外来を選ぶようにしましょう。月経不順や無月経が長く続くと、症状の改善までに時間が掛かる可能性がありますので、早めに受診をするようにしましょう。

ストレスを上手く付き合う

若年性更年期障害はストレスやダイエット、生活習慣・食生活の乱れが原因です。予防法は規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事を心掛けるということに加えて、ストレスを解消することが出来るような趣味を持つことです。しかし、現代の社会でストレスを感じることなく過ごすことは簡単なことではありません。そこで、ストレスと上手く付き合っていくということが必要となります。ストレス緩和の方法としては、自分の時間を見つけるようにするということがおすすめです。若年性更年期障害といった同じような悩みを持つ人と交流をすることで、悩んでいるのが自分一人だけではないと感じることで、深刻に悩む事が無くなるかも知れません。また、症状が悪化する前に医療機関への受診をおすすめします。医療機関へ受診をすれば、症状の進行具合に合わせた治療を行なってくれます。信頼の出来る医師を見つけ、通院をしましょう。

その人らしい生活を守る

医者

現代社会では高齢化や疾患の増加などから長期的な治療を余儀なくされる方が少なくありません。そんな中、長期に渡る治療を病院ではなく、住み慣れた家でサポートする制度として、在宅医療があります。在宅医療制度は世田谷区をはじめ、様々な地域で取り入れられ、その需要は高まっています。

Read More

検査の方法と医療機関

患者と医者

自分に睡眠時無呼吸症候群の疑いがあると感じている方は、病院や自宅で簡単な検査を受けてみましょう。また、これは症状によって軽いものと重いものがあります。それによって治療法も変化するので、早めに把握して医療機関に行くことが大切です。

Read More

がんの治療

カウンセリング

免疫治療はがんに対する比較的新しい治療方法です。従来の治療方法と異なり、自分の身体の免疫システムを利用した治療方法です。以前と比べ、治療効果がある事や、併用が可能な事など、その注目度は高まってきています。

Read More